【僕のワンダフルライフ】ここに注目して!おすすめポイントを紹介!

『僕のワンダフルライフ』の面白いポイント

感動する作品だということは知っていましたが、笑えるシーンもたくさんありました。

犬が主役だからこその表現やシーンが各所に散りばめられていて、見ていて飽きない映画でした。

私が特に面白いと感じたのは以下の3つです。

1.ベイリーの名前

飼い主のイーサンが子供の頃に、ベイリーを可愛がるあまりに「ベイリーベイリーベイリーベイリー…」と何度も名前を読んでいました。

ベイリー本人はその「ベイリーベイリーベイリーベイリー…」を自分の名前だと思ったシーンで笑ってしまいました。

2.犬目線で人の感情を感じ取るところ

ベイリーが犬目線で、イーサンやその周りの登場人物の感情を感じ取るシーンが度々あり、その表現がとても面白かったです。

例えば、恋をするイーサンのにおいが「甘い」や「汗のにおいがする」と表現していました。

犬目線で描かれた本作ならではの面白いシーンです。

3.ベイリーが猫を掘り起こすシーン

イーサン家族が飼っていた先住猫がある日死んでしまい、イーサンと母が庭に埋めていました。

ベイリーは猫の姿を見ないのを不思議に思い、掘り起こして母親の元に連れていくシーンがありました。

犬の突拍子もない行動を描いていて笑えました。

『僕のワンダフルライフ』の泣ける場面

4回生まれ変わるベイリーですが、その転生する前に死んでしまうシーンは毎回泣けました。

犬が死ぬシーンは自分の愛犬が死ぬことを考えさえられるので、家族に犬がいる私にとっては感情移入しやすくてつい涙を流してしまいます。

「僕のワンダフルライフ」 では、以下の3つのシーンで泣いてしまいました。

1.ベイリーが死ぬシーン

老犬になったベイリーが家族に見守られながら病院で死ぬシーンで泣いてしまいました。

死ぬ直前にイーサンがやってきて、においと声でイーサンが来たことに気づくベイリーの健気さにぐっときました。

2.警察犬エリーの死ぬシーン

警察犬のエリーに転生したベイリーは、警察官のカルロスを助けるために殉職します。

カルロスの膝に顔を乗せた弱々しくなったエリーが、カルロスをじっと見つめている姿が印象的でした。

3.飼い主が考えることを死ぬまでわかるティノ

コーギーに転生してティノと名付けられたベイリーは、飼い主のマヤの考えることをいつも当てていました。

マヤが食べるものや何を考えているかがわかるのです。

ティノが死ぬ時、マヤが寄り添っていつもの通りに「私の考えわかる?」と聞くと、ティノは「わかるとも」と答えるシーンに二人の信頼関係が見え、幸せな一生を遂げられたティノに涙を流しました。

『僕のワンダフルライフ』の一番感動したシーン

4回目の転生でベイリーは、飼い主に捨てられてしまいます。

捨て犬としてさまよっていると、懐かしいにおいのする犬と女性に出会いました。

そこからベイリーとイーサンの奇跡的な再会が始まります。

そのころにはイーサンはすっかりおじさんになっているのに、ベイリーはそのおじさんがイーサンだとわかるのです。

奇跡的にもう一度イーサンに会えたこと自体にも感動しますが、年を取って姿が変わったイーサンに気づけるベイリーにも感動しました。

ベイリーはイーサンだと気づいていますが、イーサンにとってはベイリーではなく別の犬です。(転生しているので)

ベイリーはイーサンからバディと名付けられました。

どうしてもイーサンに自分はベイリーだと気づいて欲しくて、ベイリーは自分の癖やできる技をイーサンに披露します。

その頑張るベイリーが、とても愛くるしく健気で涙があふれ出てきました。

そして、ベイリーだと気づいたイーサンの元へベイリーが駆け寄り、

イーサンに抱きしめらながら「ベイリーベイリーベイリーベイリー…」と呼ばれるシーンで、イーサンの少年の頃の思い出とリンクして大号泣しました。

イーサンに再会するために何度も生まれ変わってきたベイリーの人生が報われ、ハッピーエンドでラストを迎えられたので、見終わった後もほっこりした気持ちになりました。

『僕のワンダフルライフ』を見て思ったこと

公開されたのが2017年9月でしたが、ずっとこの映画のことを気になってはいたものの最近テレビ放送されるまで見ませんでした。

なぜかというと、絶対に泣くのがわかっていたからです。

テレビで放送されるのがいいきっかけになり、やっと見ることができました。

「僕のワンダフルライフ」 を見て思ったことは、何度でも見たくなる映画だということです。

私は犬が大好きで、今は愛犬のマルチーズと暮らしていますが、以前は柴犬と暮らしていました。

映画を観てからは、「マルチーズってもしかして柴犬が転生してきてくれたのでは?」と妄想するほどです。

「僕のワンダフルライフ」は、心に残る素敵な映画です。

犬好きな方はぜひ観てほしい映画です。

まとめ

今回は 「僕のワンダフルライフ」 の注目ポイントを紹介しました。

犬好きの人はもちろんの事、それ以外の人にもおすすめ出来る映画です。

泣ける映画なので、泣ける環境でご覧ください(笑)

映画に関する他の記事はこちら↓

おすすめの記事