『まだ結婚できない男』第2話のネタバレ、感想!服がダサ過ぎる?面白いシーンも紹介!

『まだ結婚できない男』のキャスト&あらすじを紹介

あらすじ

ある日、英治(塚本高史)が桑野のプロフィールでひそかに婚活アプリに登録したことを知った桑野(阿部寛)。案の定、「暇人の遊びだ」とバカにする桑野だったが、
表情には出さないものの、実はどことなくアプリが気になる様子。一方で、晴れてバツイチとなった有希江(稲森いずみ)にも、桑野は不思議な胸のざわつきを感じ始めていた。

さらに、隣の部屋から聞こえてきた早紀(深川麻衣)の話し声から、
桑野は早紀がひどく自分勝手な男と付き合っていると思い込んで……。

そんななか、削除し損ねた婚活アプリには、
桑野のプロフィールを見た女性から、
たくさんのメールが届いていた。その中で「一人に疲れました」
と哀愁漂うメールを送ってきた、
ヨガのインストラクターの女性に心を奪われる桑野。
こっそりやりとりしていたが、しばらくすると、その事実は事務所のスタッフや、英治が仕事を依頼したまどか(吉田羊)、有希江の知るところに。一同は、口をそろえて一度会ってみるよう桑野に勧めるのだった。

数日後、桑野の異変を察知した英治たちは、
桑野が例の女性と会う約束をしていることに気付く。
ホテルのラウンジで、
緊張した面持ちで相手を待つ桑野を物陰から見守っていた英治は、
その状況をまどかに逐一報告。するとそこへ、ついに女性が現れて……!?

引用:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/story/02.html

キャスト

  • 阿部寛
  • 吉田羊
  • 深川麻衣
  • 塚本高史
  • 咲妃みゆ
  • 平祐奈
  • 阿南敦子
  • 奈緒
  • 荒井敦史
  • 小野寺ずる
  • 美音
  • 不破万作
  • 三浦理恵子
  • 尾美としのり
  • 稲森いずみ
  • 草笛光子

スタッフ

  • 【脚本】:尾崎将也
  • 【音楽】:中西匡
  • 【主題歌】:持田香織「まだスイミー」
  • 【演出】:三宅喜重、小松隆志、植田尚
  • 【チーフプロデューサー】:安藤和久、東城祐司
  • 【プロデューサー】:米田孝、伊藤達哉、木曽貴美子
  • 【制作】:カンテレMMJ

『まだ結婚できない男』の2話で面白いシーン6選

今週も楽しみにしていた『まだ結婚できない男』が放送されました。

第2話もやはり面白いシーンがたくさんありました。

第2話で私が面白いと思ったシーンは、以下の6つです。

1.桑野のパグ好きが何度も垣間見えた

前作に引き続き、1話でも桑野のパグ好きなところが随所に見られていましたが、

2話でもいろいろな場面でその様子が見られました。

まず一つ目は、桑野が自宅で作成していた家の模型をいじるシーンです。

家の模型に人を配置させて、最後にパグの模型も置いていました。

犬にはたくさんの犬種があるのに、あえてパグを選んだあたりに桑野のパグに対する愛が感じられました。

次に二つ目は、1話で桑野が吸い込まれて入って行ったペットショップに2話でも通っていたシーンです。

1話で登場した安売りされていたパグに、桑野は再び会いに行っていました。

1度目は前回と同様に見つめ合うだけでしたが、ドラマ終盤で再度訪れた際には「おうちに迎え入れよう」という感じもしました。

しかし、パグはどこかの女性に買われて行ってしまい、会うことができませんでした。

その時の桑野の様子は、とても悲しそうで残念そうでした。

2.弁護士の吉山とのやりとり

弁護士の吉山の事務所へ訪れた桑野でしたが、その時の二人のやりとりや桑野の様子が面白かったです。

バナナをまるごとそのまま出して吉山に渡すところは、桑野らしかったです。

また、吉山が「結婚散歩理論」について語ろうとした時に、席をたったはずの桑野がまた席に座って吉山の話を聞いていました。

桑野は吉山の話が興味深そうだと思って、席に戻ってきて「時間はある」と言って、目を輝かせて話を聞いていました。

しかし、吉山の話は自分が思っていたよりも面白くなかったからか、不満げで納得のいかない表情を浮かべて時計を気にしていました。

その姿は、なんとも桑野らしい自分勝手なところが表れていました。

3.デート前の自宅での桑野の様子

桑野はある日、自分の建築事務所の人たちに婚活アプリに勝手に登録されていました。

勝手に入力されていた自分の自己紹介を添削して、登録削除する予定だったのが、たくさんメッセージが届くので、ついつい使い続けてしまっていました。

メッセージをくれた一人の女性と実際にデートをすることになり、自宅で服を選ぶ桑野がとてもダサくて面白かったです。

選ぶ服のすべてが独特なデザインの服ばかりで、中には背中にリボンがついている服もありました(笑)

桑野を演じる阿部寛さんは背も高くてスタイルもいいのに、服装があんなにもダサいと台無しですね(笑)

実際に選んだ服もやはりダサかったですが、その上にいつもと違った七三分けのような変な髪形でデートに向かっていたので、さらにダサくて面白かったです。

4.一人で仮装している桑野

https://twitter.com/kekkon_ktv/status/1184411322970038273?s=20

2話ではちょうどハロウィーンの季節で、事務所の人たちは仮装をして街に繰り出していました。

桑野も一緒に行かないかと誘われていましたが、断っていました。

当然、桑野は仮装などせずに過ごすと思っていましたが、通販で仮装の衣装を購入していました。

そして、一人で家で仮装していました(笑)

桑野はそのようなキャラじゃないと思っていたので、桑野の意外性に驚きました。

第1話でも、流しそうめん器を使って一人で楽しんでいましたが、桑野は一人で楽しむ事が得意の様ですね(笑)

5.マンションの壁の薄さ

前作でも感じていましたが、2話で隣人の女性が演技の練習をしている声が桑野に丸聞こえでした。

桑野は女性が発する話の内容が、男性と揉めている内容だったので、勘違いしていたところも面白かったです(笑)

前作や1話では、桑野が聴いている大音量のクラシックが隣の家まで聞こえていました。

外観や内装はとてもきれいでしっかりしたマンションのように見えますが、壁は薄い設定のようです。

今後のドラマの展開でも、この壁が薄いという設定が活用されるだろうな、と予想しています。

6.隣人の女性がパグを飼った

桑野が1話から通っていたペットショップの安売りされていたパグは、実は桑野の隣人の女性(深川麻衣)が飼っていました。

前作と同様に隣に住む女性がパグを飼ったので、これから桑野とパグのやりとりが始まるだろうと思うととても楽しみです。

1話を見て、桑野がパグを飼うのだろうか、と予想していたので、そうならなかったので少し残念ではありますね。

しかし、隣人の女性が飼ったので、今後もパグと桑野の面白い展開を期待出来ると思います。

楽しみですね!

まとめ

今回は、 『まだ結婚できない男』 第2話について紹介しました。

桑野と隣人の早紀(深川麻衣)

桑野と隣のパグ

桑野と弁護士のまどか(吉田羊)

など、今後も気になるポイントが多いですね!

第3話以降も紹介していきますので、そちらもよろしくお願いします。

ドラマに関する他の記事はこちら↓

おすすめの記事