【実写版】ダンボのあらすじ、キャストは?韓国で炎上!!

2019年3月29日ディズニー映画ダンボが公開予定となっています。日米同時公開です!

今回のダンボはアニメーションではなく、実写版の映画となっています。

この記事では、実写版ダンボのあらすじ、キャスト、スタッフ、公開日などについて紹介していきたいと思います。

実写版「ダンボ」のあらすじ、予告動画は?

アニメ版のあらすじ


サーカスの象ジャンボのもとに、コウノトリが赤ちゃんを運んできました。ジャンボは、心からの愛情をもって大切に育てますが、その子の耳があまりにも大きかったので、ほかの象たちから“ダンボ”と呼ばれて仲間はずれにされてしまいます。悲しみに沈むダンボを勇気づけてくれたのは、ネズミのティモシー。ティモシーは、その大きな耳を褒め、ダンボをサーカスのスターにしようと懸命に知恵をしぼります。そして、ついに夢がかなう日がやってきます…。友情や愛情に支えられながら、ありのままの自分を信じて大空を舞うダンボのひたむきな姿を描いたハートウォーミング・ストーリー。心に残る素晴らしい音楽と共に、子供に伝えたいことがぎっしり・・・

引用:ディズニー公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/animation/0043.html

実写版ダンボのあらすじ

大きすぎる耳のため皆の笑いものにされていたダンボ。ひょんなことからコンプレックスである大きな耳を使って空を飛べる事が発覚。それを知ったサーカス団の支配人達が、ダンボを新たなスターにしようと計画。ダンボは、引き離された母親を助けるため、サーカス団の仲間達の力を借りて奮闘する。コンプレックスを強みに変えたダンボのサクセスストーリー!!

______________________________

コンプレックスは誰にもありますよね!私もコンプレックスで悩んだことがあります。

コンプレックスで悩むダンボの姿には共感出来ますし、それを力にして成長していく姿は感動せずにはいられませんね!

 

予告編の動画を見る限り、アニメのダンボと実写版のダンボでは少し内容が違うようです。

アニメ版では、ネズミのティモシーやカラスなど、動物が中心でした。

しかし、実写版のダンボでは、主役はダンボではなくダンボの世話係である

ホルトだそうです。

今回は人間を中心に大人な内容のダンボが見られるかもしれないですね!

実写版ダンボの登場人物、キャラクターは?

引用:ディズニー公式サイトhttps://www.disney.co.jp/movie/dumbo.html

ダンボ(上段真ん中)

大きな耳を持ち、そのせいで仲間外れにされていた。コンプレックスである大きな耳を使って空を飛ぶことが出来る。母を助けるために世話係のホルトと共に奮闘する。

ホルト(左上)

元サーカス団のスター。戦地から帰還した後、ダンボの世話係としてサーカス団へ戻ってくる。妻を亡くしたホルトは2人の子供と共にダンボの母(ジャンボ)を救出するために奮闘する。

メディチ(右上)

サーカス団の団長で、戦争から戻ったホルトにダンボの世話係を任せた。

ヴァンデヴァー(右下)

ドリームランドを経営する起業家。ダンボが耳を使って空を飛べることを知り、ダンボをスターにしてお金儲けをたくらむ。本作では、ダンボやホルトと対立し、悪役的な立ち位置である。

コレット・マーチャント(左下)

ホルトと同じサーカス団員。空中ブランコを使ってパフォーマンスを行う。

_______

アニメ版のダンボでは、かなり可愛いキャラクターだったので今回も期待していたのですが、結構リアルですね(笑)

CGを使って表現されているみたいです!ダンボの可愛さは上手く表現されているのでしょうか?(笑)

あと、アニメ版に出ていたネズミのティモシーカラスは出るのでしょうか?

予告動画や公式サイトを見る限り出ないみたいです。

ダンボに力を貸して協力する役は、代わりにホルトの子供2人が行うという事みたいですね!

まあ、ネズミを実写化すると少し気持ち悪いので子供が代役でよかったです(笑)

実写版ダンボのキャストは?

コリン・ファレル(ホルト役)

1976年生まれアイルランドのダブリン出身。

主な出演作品

  • 妻たちの落とし前(2019年4月公開予定)
  • ブレイン・ゲーム(2018年)
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年)
  • トータルリコール(2012年)   …etc

_____________

有名な作品に多く出演している売れっ子俳優さんですね!

ファンタスティックビーストや、トータルリコールは私も見ました!好きな作品だったので、今回の役にも期待しています!!

ダニーデヴィート(メディチ役)

1944年生まれアメリカのニュージャージー州出身の俳優。映画監督などもやっており、マルチに活動している。

主な出演作品

  • スモールフット(2018)
  • ザコメディアン(2016)
  • 素敵な人生のはじめ方(2006)
  • メン・イン・ブラック(1997)  …etc

_______

1944年生まれのベテラン俳優さんということで、映画自体は1975年の「カッコーの巣の上で」という作品から出ているみたいです。

1975年以降かなり多くの映画に俳優さんとして出演したり、監督として関わっているみたいですが、私が知っている映画は上記の4つ位で、他は知らない作品ばかりでした(笑)

かなり多数の映画に関わっているので演技力には期待出来そうです!!

マイケル・キートン(ヴァンデヴァー役)

1951年生まれアメリカのペンシルベニア州出身。

主な出演作品

  • スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019)
  • トイストーリー4(2019)
  • アメリカン・アサシン(2017)
  • ミニオンズ(2015)
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014) 

_______

俳優業だけでなく、声優としても活躍しており、日本で有名な作品としては、

「紅の豚」「カーズ」「トイストーリー」「ミニオンズ」などに出演しています。

声優としても活躍しているということは、いい声なんでしょね。

日本語吹き替えも良いですが、字幕で見るのもおススメですね!

イケボおじさん!期待しています(笑)

エヴァ・グリーン(コレット役)

1980年生まれフランスのパリ出身

主な出演作

  • 告白小説、その結末(2017)
  • ダーク・シャドウ(2012)
  • 007カジノ・ロワイヤル(2006)
  • ルパン(2006)  …etc

_______

フランス出身の美人な女優さん。

実は、双子の妹がいるそうです!二卵性双生児なので瓜二つではないですが、妹さんも美人でしょうね!

お母様も女優さんで、マルレーヌジョベールさんという方です。

女優のDNAを受け継いだエヴァさんの演技力に注目です!

監督はティム・バートン!

実写版ダンボのの監督を務めるのは、あの「チャーリーとチョコレート工場」の監督も務めた鬼才ティム・バートン!

他にも、「アリス・イン・ワンダーランド」「ダークシャドウ」「ティム・バートンのコープスブライド」など、多くの作品に関わっており、その才能は世界中が認めるものですね!

コレット役のエヴァ・グリーンとは以前、「ダーク・シャドウ」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」で一緒に仕事をしており、お互いを理解し合い、認め合っているみたいです。

ティム・バートン氏は、オカルト系や怪奇ものを好むため、手掛ける作品は暗めのものが多いですね。

今回の「実写版ダンボ」もティム・バートンの世界観に寄せた映画になりそう!凄く楽しみです!

実写版ダンボの主題歌は?

実写版ダンボの主題歌として使われているこの曲は、「ベイビーマイン」という曲で、ノルウェーのシンガーソングライターであるオーロラさんが歌っています。

この曲は、1941年のアニメ版ダンボにも使われていた曲で、今回はそのカバーとなっています。この曲のオリジナルは、ベティ・ノイエスという歌手が歌っていました。

この曲は、多くの方にカバーされているので、今回の映画をきっかけに日本人歌手の誰かがカバーするかもしれません。ディズニーの曲のカバーといえば、May.Jさんなので、彼女がカバーする可能性はありますね!個人的に彼女のことが結構好きなので期待してます(笑)

実写版ダンボのロケ地は?

アニメ版ダンボの舞台は、アリカのフロリダ州ですが、実写版ダンボの撮影は、全編イギリスで行われます。

映画にイギリスの要素が組み合わされるかは分からないですが、イギリスの常に天候の悪い感じがティム・バートン監督の世界観にマッチしたのではないでしょうか(笑)

実写版ダンボが韓国で炎上!

引用:Wikipedia

問題となっているのは上の画像。赤と白の放射状に広がるデザインが旭日旗に似ていることから、韓国で炎上しています。

もちろん、このポスターは旭日旗をイメージした訳ではなく、サーカスのテントをイメージしたデザインとなっています。

旭日旗に過剰に反応する韓国に対して、日本では 「ダンボのポスターにまでケチつけるなんて…」などと、呆れた意見がうかがえます。

まとめ

  • 公開日は2019年3月29日日米同時公開
  • 監督はティム・バートン
  • 主題歌はオーロラの「ベイビーマイン」
  • 映画のロケ地はイギリスだが、映画の舞台もイギリスかは分からない。
  • ポスターが 旭日旗に似ていて韓国で炎上しているが、ただの韓国側の過剰反応。
おすすめの記事